スマホ版で表示する
松岡病院,月経前症候群(PMS)についての答え3
医療法人賢仁会 松岡病院
松岡病院,月経前症候群(PMS)についての答え
婦人科
松岡病院,月経前症候群(PMS)についての答え
月経前症候群(PMS)についての答え3
月経前症候群(PMS)について
松岡病院,子宮内膜症,患者
どうしてPMSが起こるのですか?原因は?

松岡病院,子宮内膜症,患者
PMSがなぜ起こるかはまだはっきり分かっていません。
原因説には10種類以上もありますがここではそのなかでも有力な説を書きます。

原因1:ホルモンバランスの変化に脳の中枢が対応しきれなくなる
 生理の前には「黄体ホルモン」の分泌が増えて、生理が始まると急激にそれが減ることからこのホルモンが関係しているのではないかと言われています。この黄体ホルモンの急激な変化に脳の視床下部という器官が対応しきれなくなることでさまざまな不調が起こるというのがこの説で、一番有力な説です。視床下部はホルモンの他に自律神経の中枢でもあり、その自律神経のバランスが悪くなることでさまざまな症状を引き起こします。また感情をつかさどる中枢と隣接していることから心の面にも影響が出ると言われています。

原因2:脳内物質の分泌の低下
 ホルモンバランスの急激な変化によって、脳内物質の分泌が低下するのも原因のひとつと考えられています。β-エンドルフィンやセロトニンといった脳内物質の分泌が減ることで脳内の神経から神経への情報の伝達に支障が起き、それがイライラや精神不安を起こすと言われています。

原因3:その他のホルモン説
 排卵後、子宮内膜からは「プロスタグランディン」とうホルモンが生産されます。このプロスタグランディンは子宮を収縮させて生理を起こすホルモンですが、このホルモンにより体内の血管が収縮して肩こり、冷えなどが起こります。また副腎皮質から分泌される「アルドステロン」の増加によって体がむくんだり、視床下部から分泌される母乳を出すホルモン、「プロラクチン」の分泌が増加し乳房の張りを感じるという人もいます。
お問い合わせ,松岡病院初めての方はこちら
広島県福山市松岡病院最新ニュース 広島県福山市,松岡病院で産まれた今月のあかちゃん 福山市産婦人科・婦人科,松岡病院の求人情報
松岡病院のよくある質問
松岡病院産科のよくある質問
松岡病院婦人科のよくある質問
公費助成金,出産育児一時金,出産手当金,妊娠健康検査費助成
出産育児一時金
出産手当金
妊娠健康検査費助成